産経WEST

ジャニーズ事務所商標を不正使用か、ミクシィ子会社を捜索 兵庫県警サイバー犯罪対策課

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ジャニーズ事務所商標を不正使用か、ミクシィ子会社を捜索 兵庫県警サイバー犯罪対策課

 チケット転売サイト「チケットキャンプ」を運営する会員制交流サイト(SNS)大手「ミクシィ」の子会社が商標法違反容疑などで家宅捜索された問題で、子会社が大手芸能事務所「ジャニーズ事務所」の商標をインターネット上で不正に使用した疑いがあることが8日、兵庫県警への取材で分かった。県警は家宅捜索で押収した資料を今後分析するなどし、不正の実態について調べる。

 捜索を受けたのはミクシィの100%子会社「フンザ」(東京都渋谷区)。県警によると、フンザは同事務所所属アーティストのコンサート情報などを配信するウェブサイト「ジャニーズ通信」を独自に運営しているが、サイト内で同事務所の商標権を侵害した疑いがあるという。

 ジャニーズ通信のサイトから、チケットキャンプのチケット購入サイトに誘導される仕組み。同事務所は昨年、購入サイト内で「『ジャニーズ』の名称が無断で記載された」として抗議文を公式ホームページに掲載していた。

「産経WEST」のランキング