産経WEST

熊本で日米共同訓練始まる オスプレイ夜間飛行も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


熊本で日米共同訓練始まる オスプレイ夜間飛行も

 陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練が8日、熊本県山都町の陸自大矢野原演習場などで始まった。20日まで。沖縄県の基地負担軽減を目的とした訓練移転の一環として、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の輸送機オスプレイ4機も参加。夜間の飛行訓練も予定されている。

 共同訓練は「フォレストライト」と呼ばれ、演習場を離島に見立て、日米が連携して奪還するシナリオなどで実施。陸自都城駐屯地(宮崎県)などの350人と、在沖縄米海兵隊の約400人が参加する。

 オスプレイは山口県の岩国飛行場を拠点に飛来し、週明けから訓練に加わる予定だ。

「産経WEST」のランキング