産経WEST

高級魚ホンモロコの出荷準備整う 京都・上宮津地域会議

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高級魚ホンモロコの出荷準備整う 京都・上宮津地域会議

養殖池でホンモロコの出荷準備をする海洋高校の生徒や地域の人たち=京都府宮津市 養殖池でホンモロコの出荷準備をする海洋高校の生徒や地域の人たち=京都府宮津市

 京都府宮津市・上宮津地域のまちおこしに取り組む住民らの団体「上宮津地域会議」は7日、高級魚のホンモロコの出荷準備を行った。同地域の特産品にしようと、同会議が今年から育てていた。養殖に協力する府立海洋高校(同市上司)の生徒らが旧上宮津小学校(同市小田)近くの養殖池から出荷用水槽に移した。

 ホンモロコは平成24年、海洋高が校内の水槽で養殖を開始。27年からは旧上宮津小のプールで養殖を行い、今年は約4万尾を育てて約100キロの漁獲があり、出荷を始めている。

 上宮津地域会議は、海洋高の経験をまちおこしに活用しようと、今年2月、旧上宮津小近くの休耕田に約600平方メートルの養殖池を作り、約4万尾を放流。この日、海洋高校の生徒らが網などを使ってホンモロコを池から出し、道路に近く輸送に便利な出荷用の水槽に移した。

 ホンモロコは7~9センチに育っており、同会議顧問の細見節夫さんは「着実に地域の産業として根付かせたい」と話していた。

「産経WEST」のランキング