産経WEST

【通崎好みつれづれ】信州の老舗バー、息づく昭和

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【通崎好みつれづれ】
信州の老舗バー、息づく昭和

「アドニス」の店内とママの福嶋美恵子さん=長野県伊那市 「アドニス」の店内とママの福嶋美恵子さん=長野県伊那市

 美恵子さんは「子供の頃は呑み屋の子っていじめられたけれど、気が強いから動じなかった」と笑う。単に気が強いのではなく、懸命に働く親の背中をしっかりと見ていたのだろう。店の片隅には80代半ばまで店に立ったお父さんの写真がさりげなく飾られていた。

 平成の終わりが見通せるようになった今、人情味あふれる昭和を振り返る場所がいつまでも残ってほしいものだと思う。(通崎睦美 木琴・マリンバ奏者)

 つうざき・むつみ 昭和42年、京都市生まれ。京都市立芸術大学大学院修了。マリンバとさまざまな楽器、オーケストラとの共演など多様な形態で演奏活動を行う一方、米国でも活躍した木琴奏者、平岡養一との縁をきっかけに木琴の復権にも力を注いでいる。執筆活動も手掛け、『木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」』で第36回サントリー学芸賞(社会・風俗部門)と第24回吉田秀和賞をダブル受賞。アンティーク着物コレクターとしても知られる。

このニュースの写真

  • 信州の老舗バー、息づく昭和
  • 信州の老舗バー、息づく昭和

「産経WEST」のランキング