産経WEST

【銀幕裏の声】堺の魅力全開!! “オール堺ロケ”の異色コメディー正月映画「嘘八百」、脚本家も学芸員もみな堺

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
堺の魅力全開!! “オール堺ロケ”の異色コメディー正月映画「嘘八百」、脚本家も学芸員もみな堺

矢内学芸員そっくりの田中学芸員(塚地)から説明を受ける佐輔(佐々木)と則夫(中井)。右から (C)2018「嘘八百」製作委員会 矢内学芸員そっくりの田中学芸員(塚地)から説明を受ける佐輔(佐々木)と則夫(中井)。右から (C)2018「嘘八百」製作委員会

 堺ゆかりの茶人、千利休(1522~91年)の茶器をテーマにした映画「嘘八百」が1月5日から全国で公開される。“利休の幻の茶器”をめぐり、中井貴一、佐々木蔵之介が“詐欺師”を演じる異色コメディーだが、同市出身の脚本家、今井雅子さんや同市学芸員、矢内(やない)一磨さんをはじめ多くの堺市民が“一致協力”し、歴史に埋もれた利休の謎に迫る本格ミステリーに仕上げた。大作映画が“オール堺ロケ”で製作されるのは初の試み。今井さんや矢内さんたちに製作秘話を聞いた。    (戸津井康之)

堺の一大プロジェクト

 「堺は歴史豊かな大都市なのに、これまで堺を描いた映画は少なかった。脚本家として、堺をメーンの舞台にした本格映画をつくるのが、長年の念願だったんです」

 こう語るのは今作の脚本を執筆した今井雅子さん。堺市生まれの堺育ち。同市内の小・中学校、府立三国丘高校に通った“堺っ子”だ。映画「パコダテ人」(平成14年)や「子ぎつねヘレン」(18年)の他、NHK連続テレビ小説「てっぱん」(22~23年)を手掛けるなど脚本家として活躍している。

 今作は共同脚本で、もう1人の脚本家は、映画「百円の恋」で、平成28年の日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した気鋭の脚本家、足立紳さん。そしてメガホンを執ったのは、「百円の恋」で監督を務めた足立さんの盟友、武正晴監督だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 堺の魅力全開!! “オール堺ロケ”の異色コメディー正月映画「嘘八百」、脚本家も学芸員もみな堺
  • 堺の魅力全開!! “オール堺ロケ”の異色コメディー正月映画「嘘八百」、脚本家も学芸員もみな堺
  • 堺の魅力全開!! “オール堺ロケ”の異色コメディー正月映画「嘘八百」、脚本家も学芸員もみな堺

「産経WEST」のランキング