産経WEST

【龍馬暗殺150年】誰が龍馬を殺したのか、黒幕は…歴史作家・桐野作人氏が「真相」に迫る

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【龍馬暗殺150年】
誰が龍馬を殺したのか、黒幕は…歴史作家・桐野作人氏が「真相」に迫る

近江屋での暗殺から今年で150年。謎の残る坂本龍馬暗殺をめぐり、今も数々の黒幕説がある(高知県立坂本龍馬記念館提供) 近江屋での暗殺から今年で150年。謎の残る坂本龍馬暗殺をめぐり、今も数々の黒幕説がある(高知県立坂本龍馬記念館提供)

 幕末の志士、坂本龍馬と中岡慎太郎が京都・近江屋で暗殺されてから今年で150年。龍馬の生誕地である高知市で、このほど県立坂本龍馬記念館主催のシンポジウムが行われ、今なお諸説がある暗殺者と黒幕について、歴史作家、桐野作人(きりの・さくじん)氏が独自の切り口から、「謎」に迫った。維新前夜の当時はどんな状況で、各勢力はどう対峙していたのか。桐野氏の講演内容を歴史解説も交えて紹介する。

龍馬暗殺に4つの説

 〈まず、龍馬暗殺の黒幕説について整理しておく。主に次の4つの説がある。

 (1)土佐藩説=龍馬の活躍を快く思わない藩士という説をはじめ、(幕府から朝廷に政権を返す)大政奉還の功績(土佐藩の前藩主・山内豊信を説得し、大政奉還を建白させた)で名をあげた家老、後藤象二郎が、大政奉還が龍馬のアイデアだったことを隠すために殺害した-などの説がある。

 (2)薩摩藩説=武力で徳川幕府を討ちたかった薩摩藩としては、龍馬による大政奉還という平和的手段は、徳川の勢力を残す不本意なものであり、「龍馬は裏切り者」とみなして暗殺に至ったとする説。「(文献などから、仲がかなり良かったとされる)西郷隆盛が黒幕」という説まである。

 (3)紀州藩説=龍馬率いる海援隊の「いろは丸」と紀州藩の船が衝突した事故で、龍馬は沈没したいろは丸の賠償金を紀州藩に支払わせた。「御三家が下級武士に負け、恥をかかされた」とする紀州藩が、これを恨んで犯行に至ったという説。実際に海援隊は紀州藩を疑い、行動を起こしている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 誰が龍馬を殺したのか、黒幕は…歴史作家・桐野作人氏が「真相」に迫る

「産経WEST」のランキング