産経WEST

【理研が語る】体の「右」と「左」の違いを生み出す仕組みは…“まさかの水流”だった 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【理研が語る】
体の「右」と「左」の違いを生み出す仕組みは…“まさかの水流”だった 

「右」と「左」の違いを生み出す仕組み 「右」と「左」の違いを生み出す仕組み

 研究者は難しい現象や、医療のように実用的なことだけではなく、皆さんがふとしたときに思い浮かべるような身近な疑問について研究していることも多い。だから、全国で開催されているさまざまな研究所や大学の公開イベントにぜひ足を運び、研究者を捕まえて、どんどん素朴な疑問をぶつけてみてほしい。きっと面白い答えが返ってくるはずだ。それに、もしかすると、あなたの質問が新たな研究テーマになるかもしれない。

 峰岸かつら(みねぎし・かつら) 理研多細胞システム形成研究センター(CDB)個体パターニング研究チーム研究員。大阪大学大学院生命機能研究科博士課程修了。平成28年4月から現職。大学院生のころから一貫して、左右非対称な形態形成の仕組みについて研究を行っている。

このニュースの写真

  • 体の「右」と「左」の違いを生み出す仕組みは…“まさかの水流”だった 

「産経WEST」のランキング