産経WEST

【野球三昧】ハードル高い沢村賞…“先発完投型”にこだわらない時代が来る?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【野球三昧】
ハードル高い沢村賞…“先発完投型”にこだわらない時代が来る?

 プロ野球に最優秀救援投手賞が設けられたのは1976年。投手の分業制が確立されてからまだ約40年というわけで、名のあるセットアッパー、ストッパーはたいてい実際に見ている。阪急・山口の剛速球や阪神・藤川の快速球、横浜・佐々木のフォークボールと印象に残る投球はいろいろあったが、最も“えげつない”と思ったのが、佐々木の前でセットアッパーとして投げていた横浜の盛田の投球だ。

「あんなの当たったら死ぬ」と新庄

 打者のひざ元に決まる速球やスライダーは横浜球場のバックネット裏の記者席から見ていて、速いというより怖かった。打者も腰が引け気味で、当時売り出し中の阪神・新庄にそれを指摘したら「あんなの当たったら死ぬ」と反論された。

 今季、えげつないボールを久々に見せてくれたのが、パ・リーグと日本シリーズでMVPに輝いたソフトバンクの守護神サファテだ。

パ・リーグMVPに輝いたソフトバンクのサファテ

 193センチの長身から投げ下ろす150キロ台後半の剛速球は、高めに決まるとほぼ空振りとなる。テレビのスポーツニュースで「選手が選ぶスピードボール王」に選ばれていたが、日本ハムの中田らが「バットに当たる確率が低い」という趣旨のコメントをしていたのをみて、さもありなんと思ったものだ。

 プロ野球草創期の大投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」が今、揺れている。先発完投型投手を対象に15勝、150奪三振、200投球回、10完投など7項目を基準に選考が行われ、今季はセ・リーグの最多勝と最優秀防御率に輝いた巨人の菅野が選出された。

続きを読む

このニュースの写真

  • ハードル高い沢村賞…“先発完投型”にこだわらない時代が来る?
  • ハードル高い沢村賞…“先発完投型”にこだわらない時代が来る?

関連ニュース

「産経WEST」のランキング