産経WEST

大阪府警巡査長が身代わり立て口止め逮捕 飲酒運転隠蔽疑い

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪府警巡査長が身代わり立て口止め逮捕 飲酒運転隠蔽疑い

 飲酒運転で事故を起こしたにもかかわらず別人を身代わりにした上、事故を処理した後輩の警察官に口止めしたとして、大阪府警は7日、道交法違反(酒気帯び運転など)と犯人隠避教唆の疑いで、府警寝屋川署の巡査長、大江翼容疑者(27)=大阪府寝屋川市=を逮捕した。府警は、口止めされた同署の男性巡査長ら2人も犯人隠避容疑で立件する方針。

 また、身代わりになった兵庫県宝塚市の土木建築会社役員、小久保弘一容疑者(56)を再逮捕。小久保容疑者は10月の衆院選で選挙運動の報酬として運動員に現金を支払ったとする公選法違反(買収)容疑で府警に逮捕されていた。大江容疑者の逮捕容疑は10月12日午前3時半ごろ、寝屋川市の京阪寝屋川市駅前で、酒気帯び状態で物損事故を起こし、小久保容疑者を身代わりにしたとしている。さらに事故を処理した巡査長らに「自分が起こした事故だが、黙っておいてくれ」と依頼したとしている。両容疑者は容疑を認めている。

 府警によると、大江容疑者は当時、交際女性が知人から衆院選に関するアルバイトを紹介されたのを知り、その知人を駅前に呼び出していた。大江容疑者は車で現場に来ており、知人の父親の小久保容疑者が飲酒運転を指摘。大江容疑者は立ち去ろうとして事故を起こし、小久保容疑者が自身が事故を起こしたと名乗り出たという。

 大江容疑者は公選法違反事件の捜査には関わっておらず、府警は小久保容疑者が身代わりになった経緯を調べる。同事件の捜査の過程で、酒気帯び運転や口止めなどが発覚した。

「産経WEST」のランキング