産経WEST

【エンタメよもやま話】イタリア&中国2博士が“神”超える野望…ヒトの頭部を移植、世界から非難殺到

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
イタリア&中国2博士が“神”超える野望…ヒトの頭部を移植、世界から非難殺到

生きたヒトの頭部移植手術に挑むと公言するイタリアの有名な神経外科医、セルジオ・カナヴェーロ博士(11月17日付の英紙デーリー・メール電子版より) 生きたヒトの頭部移植手術に挑むと公言するイタリアの有名な神経外科医、セルジオ・カナヴェーロ博士(11月17日付の英紙デーリー・メール電子版より)

 カナヴェーロ博士によると、手術は18時間に及びましたが、切断された頭部の脊椎(せきつい)も神経も血管も、正常に再接続できたというのです。

 そして信じがたいことに、カナヴェーロ博士は、次は生きているヒトでこの手術を行う考えなのです。

 現在、カナヴェーロ博士は、イタリア北西部トリノにある「トリノ・アドバンスド・ニューロモジュレーション・グループ」という先進的な神経医学について研究する業界団体の代表なのですが、11月17日の午前、欧州オーストリアの首都ウィーンで開いた会見で、この驚愕(きょうがく)の手術の成功を明かすと共に、こう述べました。

 「われわれは生まれ、育ち、年齢を重ね、死んでいく。何百万年もの間、ヒトは進化してきたが、その過程で1100億人のヒトが亡くなっている。これは大量虐殺(ぎゃくさつ)である。われわれは、自分の運命を自分の手で取り戻す時代を迎えた。私のやろうとしていることは、全てを変え、すべてのレベルであなたを変えるでしょう」

 さらにこう胸を張りました。

 「最初に行われたヒトの頭部移植は人間に対して行い、成功しました。手術は18時間かかったが、誰もが不可能だと言った手術は成功したのです

 そしてカナヴェーロ博士の医療チームは、次のステップとして、臓器提供の意志を持つ脳死したドナー患者に対して、この手術を行うと宣言したのです。

 ただし、カナヴェーロ博士はこう付け加えました。

 「これは、差し迫った医学的状態(に陥った人々)に対処するための正式なヒトの頭部移植手術の最終段階です。私の試みは医学的、神経学的(に深刻な)状態に対処するためのものであり、ヒトの寿命を延ばすための試みではありません」

若者の体あれば、若返り可能…「私の体で試してみて」と志願者も登場

関連ニュース

「産経WEST」のランキング