産経WEST

【経済裏読み】スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太) 国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太)

 最初のハードルは価格。量産が進んだママチャリの電動アシスト車は中心価格帯が8万~15万円だが、スポーツタイプはまだ生産数が少ないこともあり、30万円前後かそれ以上に跳ね上がるため、購入のハードルが高い。

 また、未舗装の山道を楽しむMTBについては、日本では自転車を楽しめる山道そのものが少なく、ここ15年ほどで市場が著しく縮小してしまった。電動化してもすぐに盛り上がるとは考えにくく、地道な需要開拓が求められる。

 さらに、欧州より制約が大きい日本特有の法規制がマイナスに働く可能性もある。

 道路交通法では、電動アシスト車の動力補助は、時速10キロまでは最大でペダルを踏む力の2倍まで。10キロを超えると補助力が徐々に減少し、24キロでゼロになるよう定められている。

 つまり、発進時は力強いが、速度が上がるにつれてアシスト力が小さくなり、高速走行を楽しむには不向きだ。道路の舗装状態がよくスピードが出やすい日本の交通環境では、メリットが小さいともいえる。

続きを読む

このニュースの写真

  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

関連トピックス

「産経WEST」のランキング