産経WEST

【経済裏読み】スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太) 国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太)

 ヤマハもパナソニックと同様、電動スポーツ車向けユニットを欧州などの自転車メーカーに供給しており、トータルで売上高を増やすことが課題だ。

「黒船」ボッシュの脅威

 こうした国内勢に対し、先行する欧州市場では、ドイツの自動車電装部品大手、ボッシュが自転車の電動アシストユニットを大々的に展開している。そして今年11月には東京で発表会を開き、日本市場の本格参入へのろしを上げた。

 ボッシュのeバイク用のシステムはシティ向けから本格MTB向けまで4段階があり、日本にはシティー向けの次にアシスト力の高い「アクティブラインプラス」を導入する。もちろん日本の法規制に合った出力制御が施される。

 ボッシュのシステムは世界70ブランドが採用しているといい、日本導入時にはアメリカのトレック、イタリアのビアンキなどスポーツ自転車の有力4社がボッシュ搭載車を発売する。トレックでは、すでに欧州で売上高の4分の1をeバイクが占めているといい、日本市場への期待も大きい。ボッシュはシマノなどと真っ向勝負しつつ、日本で評判を高めていく構えだ。

中高年サイクリストに朗報

 そもそも、スポーツとして自転車に乗るのに電動アシストは必要か? そんな疑問を抱く人は多いが、欧州の市場では一定の理解が広まっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

関連トピックス

「産経WEST」のランキング