産経WEST

【経済裏読み】スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太) 国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太)

パナは本格MTBを電動化

 国内自転車メーカー第3位のパナソニックサイクルテック(大阪府柏原市)は、これまでママチャリ向けの電動ユニットをシティースポーツ車に転用して販売してきたが、今年9月、本格スポーツ車向けの新ユニットを搭載したMTB「XM1」を発売した。

 フレームや変速機、サスペンション、ディスクブレーキなどに高性能部品を用い、山道で高い踏破性を発揮する。新ユニットは、スポーツ走行時に高回転でペダルを回してもスムーズなアシスト力を発揮する。価格は33万円(税別)。

 同社は売上高の9割をママチャリの電動アシスト車が占め、生産ノウハウは豊富だ。また、電動アシスト車を手がける他の自転車メーカーや部品メーカーは、モーターやバッテリーを専業メーカーに外注しているが、パナソニックはグループ内で調達できることを強みとする。このため、最適な機能のパーツを低コストで調達しやすい。▼【秘蔵の写真ずらり】本格MTB、第2世代、電動らしい仕掛け(こちらをクリック)

 今年4月にパナソニックサイクルテック社長に就任した片山栄一氏は、電動アシストのスポーツ車を強化し、電動ユニットの外販も増やす方針。今後も積極的に商品を展開する構えだ。

ヤマハは電動スポーツ「第2世代」へ

 電動アシストのママチャリ「PAS」(パス)を展開するヤマハは、2015年末に電動アシストの本格ロードバイク「YPJ」を発売。国内スポーツサイクル市場で電動化の先鞭をつけた。現在はロードバイクとクロスバイクの2タイプを販売し、さらに今秋の展示会では新ユニットを搭載した本格MTBや、長距離ツーリングに対応するトレッキングバイクなどの試作車も発表した。来年の発売を目指しており、ヤマハの電動スポーツ車は第2世代へと歩を進める。

ヤマハ、ユニット欧州に供給…逆に黒船が

このニュースの写真

  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

関連トピックス

「産経WEST」のランキング