産経WEST

【経済裏読み】スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太) 国内最大の自転車ショー「サイクルモード」に出展したシマノのブースでは、スポーツサイクル向け電動アシストユニット「ステップス」が大々的にアピールされた =2017年11月、千葉市の幕張メッセ(撮影・「Cyclist」澤野健太)

 電動アシスト自転車といえば、ママ・パパが子供を乗せたり、高齢者が買い物に利用したりする軽快車、いわゆる“ママチャリ”のイメージが強い。しかし今年、ついにスポーツサイクルの電動化が国内で本格化した。「えっ、スポーツするのに電動?」といぶかしむ声も聞かれるが、ヨーロッパでは「eバイク」と呼ばれる電気モーター搭載のスポーツサイクルが売れに売れている。電気自動車(EV)の台頭に続き、自転車業界も電動化によって新たな市場を切り開こうとしている。

世界最大手が国内投入

 自転車パーツの世界最大手、シマノは、欧州のeバイク市場で先行販売していた電動アシストユニットを今夏、日本国内でも発表。来年早々に市場へ投入する。

 「ステップス」と名付けられたユニットは、バッテリーと、パワーユニット(モーター)、操作スイッチ、そしてサイクルコンピューター機能を持つコントロールディスプレイの4つの部品で構成される。バッテリーは自転車のフレームに装着しやすいデザインで、パワーユニットも小型軽量化されている。

 シマノは欧州で、本格的なマウンテンバイク(MTB)向けと、クロスバイクなどシティースポーツ車向けの2種類のステップスを販売しているが、国内では主にシティースポーツとしての利用を想定。部品ユニットを自転車メーカーへ供給して完成車で出荷し、部品単体では販売しない。

 すでにミヤタサイクルが、ステップス搭載の国内第1号となるシティースポーツ車「クルーズ」を来年2月に発売すると発表。価格は26万9000円(税別)で、市場の動向を占う商品として注目される。ルイガノなど他のブランドも市場投入を計画している。

パナ、実は売上高の…ママチャリから本格MTBに

このニュースの写真

  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
  • スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…

関連トピックス

「産経WEST」のランキング