産経WEST

名張事件あす再審可否判断、元死刑囚の妹請求 名古屋高裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


名張事件あす再審可否判断、元死刑囚の妹請求 名古屋高裁

 三重県名張市で昭和36年に女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、奥西勝元死刑囚=収監先で病死=の妹岡美代子さん(88)が申し立てた第10次再審請求に対して、名古屋高裁(山口裕之裁判長)は8日、再審の可否を決める。

 弁護団は第10次請求審で、混入された毒物は確定判決が認定した農薬「ニッカリンT」ではないとする従来の意見を補強する化学分析データの他、瓶の封かん紙に付着していたのりの鑑定や自白に基づいた再現実験の結果などを提出。犯行可能なのは奥西元死刑囚だけだったとする確定判決の信頼性を崩す新証拠だと主張している。

 検察側は毒物の実験方法について、温度条件により大きく影響を受け、再現性は乏しいとし、のりの鑑定と再現実験についても、科学的合理性や妥当性を欠くなどと反論している。

 奥西元死刑囚は平成27年10月、八王子医療刑務所で肺炎のため89歳で死去した。有罪判決を受けた人が死亡するなどした場合、刑事訴訟法は配偶者や兄弟姉妹らが再審請求できると規定しており、岡さんが同年11月に請求していた。

「産経WEST」のランキング