産経WEST

「一睡もせず36時間乗務」過酷勤務で居眠り運転と指摘、広島・山陽道2人死亡事故 事故調査委

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「一睡もせず36時間乗務」過酷勤務で居眠り運転と指摘、広島・山陽道2人死亡事故 事故調査委

玉突き事故で火災が起きた山陽自動車道八本松トンネルの内部。激しく燃えた車両がみえる=広島県東広島市(広島県警提供) 玉突き事故で火災が起きた山陽自動車道八本松トンネルの内部。激しく燃えた車両がみえる=広島県東広島市(広島県警提供)

 広島県東広島市の山陽自動車道のトンネルで平成28年3月、トラックが渋滞の列に突っ込み2人が死亡した事故で、事業用自動車事故調査委員会は6日、報告書を公表した。トラック運転手(34)の居眠りが直接の原因と考えられるとした上で、運転手は事故3日前から2日前にかけて一睡もせずに36時間乗務を続けていたなど、過酷な勤務が居眠りにつながったと指摘した。

 報告書によると、運転手が事故前3カ月に休んだのは9日間だけ。36時間乗務を続けた後は約8時間睡眠を取り、事故前日夕方から運転席に着いていた。途中で約4時間仮眠したが、疲労が抜けきっていなかった。

 事故調査委は、運転手の勤務先会社の対応についても言及。運行管理者が疲労回復の措置を取らず、経営者も安全管理の重要性に対する認識が欠如していたと批判した。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング