産経WEST

「播州そろばん」伝承へ…職人目指し元プログラマーが修業 兵庫・小野

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「播州そろばん」伝承へ…職人目指し元プログラマーが修業 兵庫・小野

宮本一広さん(奥)に弟子入りしてそろばんづくりの腕を磨く高山辰則さん=小野市 宮本一広さん(奥)に弟子入りしてそろばんづくりの腕を磨く高山辰則さん=小野市

 そろばんづくりは大きく分けて4工程に分かれており、高山さんは玉の通る軸や、そろばんの枠を加工して組み立てていく「組み立て」作業を担当している。

 「そろばんは弾いたとき、いかに玉が動いて吸い付くように止まるかが重要」と宮本さん。高山さんは宮本さんの指導を受けながら、軸の太さや枠にゆがみがないかを入念にチェックし、紙やすりで磨きながら厚みを調整している。

 「一つ一つの作業に対する心得を師匠から日々学んでいる。早く一人前になって工房を持ちたい」と話す高山さん。そろばんを活用したアクセサリーや置物など新しい挑戦にも意欲を見せており、「多方面からそろばんの魅力を発信していきたい」と力を込めた。

「産経WEST」のランキング