産経WEST

飲食店目指す人来たれ! 大阪・吹田市役所地下の店舗跡に4代目の店オープン

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


飲食店目指す人来たれ! 大阪・吹田市役所地下の店舗跡に4代目の店オープン

「おうちごはん しまや」の店主、島田靖子さん=吹田市役所 「おうちごはん しまや」の店主、島田靖子さん=吹田市役所

 大阪府吹田市が飲食店の開業を目指す人に貸し出している市役所地下の空き店舗に、4代目の店がオープンした。500円の定食やコーヒーなどのドリンクが楽しめる定食店「おうちごはん しまや」で、店主の島田靖子さん(45)は「反応は上々。市職員とともに、市民も利用してほしい」と呼びかけている。

 市役所地下には、喫茶店があったが、平成25年3月末で営業を終了。市が約87平方メートルの店舗跡で、将来飲食店の開業を目指す人に業務を経験してもらおうと、約1年間、月額約1万2千円という格安の家賃で賃し出している。26年春に初めて募集を行い、これまでに喫茶店2店、定食と喫茶の店1店が営業した。

 今回は4代目の店舗となり、市が8月に出店者を募集したところ、飲食店で働いた経験がある島田さんに決まった。今月4日に開店し、唐揚げとおかず3品、ごはん、みそ汁がセットになった「唐揚げ定食」や曜日ごとにメイン料理が替わる「曜日替わり定食」は500円で食べられる。このほか、コーヒーやオレンジジュースなどのドリンクメニューも取りそろえている。

 島田さんは「ここで修業を積み、将来は惣菜(そうざい)を中心にしてお酒も飲める『おばんざい屋』を開業したい」と話している。

「産経WEST」のランキング