産経WEST

胎内被爆の実情をアピールしたい…ICANのノーベル平和賞「原爆胎内被爆全国連絡会」代表世話人、香川の好井さんがツアー参加前に意気込み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


胎内被爆の実情をアピールしたい…ICANのノーベル平和賞「原爆胎内被爆全国連絡会」代表世話人、香川の好井さんがツアー参加前に意気込み

「世界へ胎内被爆の実情をアピールする」と話す好井さん=香川県政記者室 「世界へ胎内被爆の実情をアピールする」と話す好井さん=香川県政記者室

 好井さんは胎内被爆者でピアニスト。10年前から、被爆ピアノを使ったコンサートを学校や教会で行っている。オスロでは教会のピアノで平和を願うコンサートを予定している。

 出発を前に「現地で見て、聞いて、感じたことを持ち帰って、亡くなった先輩やお年寄りに伝えることが役目だと思っている」と話した。

「産経WEST」のランキング