産経WEST

【経済裏読み】なんで千円も?「森林環境税」という名の国民増税 消費増税で所得はウン十万の目減り

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
なんで千円も?「森林環境税」という名の国民増税 消費増税で所得はウン十万の目減り

千円も取られる「森林環境税」

 森林環境税は、住民税を払えている人から年間千円をさらに上乗せして払わせる案が有力。納税者は約6千万人に上るとみられ、国が森林面積や林業就業者数などに応じて市町村に配分する方向だ。36年度の導入を検討しているが、前倒しされる可能性もある。

 増税してでも確保すべき重要なことなら、ほかの予算をばっさり削ってでも優先的に資金を捻出するのが筋だが、自然保護のイメージが先行するので、痛税感を和らげやすいとの思惑があるのか。いずれにせよ、植樹や花畑を作るようなエコロジー運動をぼんやりとイメージしてはいけない。

 目的税は、あらかじめ使い道を決めておくものだが、きっちりとチェックして見直す仕組みにしておかないと、野放図に税金がとられっぱなしになってしまう。

 森林税は法定外目的税として導入している地方自治体がすでにある。森林組合などが委託を受けて行う間伐の支援のほか、農道整備、人材育成の講習会、木材利用の普及活動といった多様な事業に税金が使われている。

続きを読む

このニュースの写真

  • なんで千円も?「森林環境税」という名の国民増税 消費増税で所得はウン十万の目減り

関連ニュース

「産経WEST」のランキング