産経WEST

【衝撃事件の核心】大阪ベイ・ブルースの舞台がインスタ狂騒曲の聖地に…トラブル続出、悲しみの結末は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
大阪ベイ・ブルースの舞台がインスタ狂騒曲の聖地に…トラブル続出、悲しみの結末は

安全確保とマナーの問題から閉鎖されることが決まった「ナナガン」=11月28日、大阪市港区海岸通 安全確保とマナーの問題から閉鎖されることが決まった「ナナガン」=11月28日、大阪市港区海岸通

 今年6月には、見た目のかわいいソフトクリームが撮影後に捨てられている様子がツイッターに投稿されて物議を醸した。「食べ物を粗末にするな」「お金を出して買ったものだから、食べなくても人の勝手だ」「(インスタに)載せる写真はキレイでも心は汚いのか」とさまざまな議論を呼んだ。

 若い女性たちがインスタ映えを求めて奔走するのは、承認欲求や情報共有欲求のあらわれとみる識者もいる。インスタの画像を見てほしいのではなく、「私を見て」という欲求。その自己愛がエスカレートすると、周囲が見えなくなってしまうというのだ。

 もちろんナナガンを訪れる人の全てがインスタ映えを狙っているわけではない。ある男性(24)は「以前は車が好きな人たちがドライブの後にひっそり集まる場所だった。自分は夜明け前の風景を見るのが好きで、写真に興味はない」と話した。

 ナナガン閉鎖の報を受けて、ネット上にはこんなつぶやきが上がっていた。

 《閉鎖の前に、ナナガンでオフやろう!》

 大阪の海は、悲しい色をしている-。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング