産経WEST

【衝撃事件の核心】大阪ベイ・ブルースの舞台がインスタ狂騒曲の聖地に…トラブル続出、悲しみの結末は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
大阪ベイ・ブルースの舞台がインスタ狂騒曲の聖地に…トラブル続出、悲しみの結末は

安全確保とマナーの問題から閉鎖されることが決まった「ナナガン」=11月28日、大阪市港区海岸通 安全確保とマナーの問題から閉鎖されることが決まった「ナナガン」=11月28日、大阪市港区海岸通

 ナナガンを訪れる車は、どれも車体後部を海側に向けて駐車している。景色を眺めるためなら、正面を海側に向けそうなものなのに-。

 つまりナナガンとは「背景」なのだと気がついた。あくまでメインは自分の車。愛車を「インスタ映え」させるためのスポットがナナガンなのだ。

 インスタを見れば一目瞭然だ。

 「スイフト会

 「ラパン会

 「ホンダ会

 ネットでつながった同じ趣味の人が、現実に顔を合わせる「オフ会」。ナナガンの場合は、車種やメーカーごとのオフ会が現地で開催され、その様子がアップされていることが分かった。

相次ぐマナー違反、摘発も

 ナナガンがSNS(会員制交流サイト)上で話題に上るようになったのは平成27年ごろから。今夏のピーク時には一晩で300台以上が集結した。中には熊本県内から訪れたドライバーもいたという。

 ナナガンには車愛好家だけでなく、カップルや釣り客も来る。大勢の人間が集まることの副作用と言うべきか、周辺ではマナー違反が次第に深刻化していった。

 マフラーを改造した車やバイクが夜間にエンジンをふかして騒音を響かせ、周辺道路では渋滞が発生。出入りする物流業者のトラックと乗用車が接触する物損事故も起き、近隣住民の苦情も相次いだ。

自己愛エスカレート「通行の迷惑」「車ひかれ死にたいのか!」あの絶景名所も

関連トピックス

「産経WEST」のランキング