産経WEST

【おいしさを科学する(3)】カナダ人研究者に「サンマを焼いて」 竹森利和さん 大阪ガスおいしさ・健康調理ラボラトリー長

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【おいしさを科学する(3)】
カナダ人研究者に「サンマを焼いて」 竹森利和さん 大阪ガスおいしさ・健康調理ラボラトリー長

米国の大学で開かれた就職説明会でラボラトリーの活動を説明する竹森利和さん(大阪ガス提供) 米国の大学で開かれた就職説明会でラボラトリーの活動を説明する竹森利和さん(大阪ガス提供)

 竹森 実は彼女は来日するまでサンマを食べたことがなかったのですが、私が「ぜひサンマを焼く研究をしてほしい」とお願いしたんです。というのも、グリルで焼き魚を調理する研究をしようと思ったとき、日本人が典型的に好きな魚はなんだろうと考えると、やはりサンマなんですね。彼女が研究を始めると、多くの人が「カナダ人の女性がサンマを焼いている」と驚いたようで、メディアに取り上げられたこともありました。

 --結果的に焼きサンマの研究は国際的評価を得ましたね

 竹森 彼女はブリティッシュコロンビア大の食品科学部の修士課程を首席で修了した優秀な学生でした。それまで工学的、物理的なアプローチをしている研究者ばかりでしたが、食科学に通じた彼女が来てくれたことで、ラボがレベルアップしたと思います。特別契約社員として3年間働いてくれましたが、熱心に研究に取り組んでもらい、非常にありがたかったですね。

 --ラボラトリーでは研究者としての立場とともに、研究者を育成する立場も担っていらっしゃいますが、具体的にどんな取り組みをされていますか

続きを読む

「産経WEST」のランキング