産経WEST

震災関連死却下、初の取り消し 条例違反指摘受け熊本市 遺族の不服申し立てで

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


震災関連死却下、初の取り消し 条例違反指摘受け熊本市 遺族の不服申し立てで

 地震で甚大な被害が出た熊本市と益城町では、11月末までに、関連死却下決定を巡る不服申し立てが計30件あった。そのうち今回の事例を含む8件で、審査会が条例違反を理由に同様の答申を出しているという。今後も却下取り消しが増える可能性がありそうだ。

 市町村が関連死と認定すると、遺族は災害弔慰金支給法に基づき最大500万円が支給される。熊本地震では熊本・大分両県で関連死が200人に達している。

「産経WEST」のランキング