産経WEST

「総力挙げて暴力団壊滅を」警察庁長官が大阪府警本部で訓示

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「総力挙げて暴力団壊滅を」警察庁長官が大阪府警本部で訓示

六代目山口組と神戸山口組の抗争が続く中、暴力団対策に従事する捜査員らに訓示する坂口正芳警察庁長官=4日午後、大阪府警察本部(奥清博撮影) 六代目山口組と神戸山口組の抗争が続く中、暴力団対策に従事する捜査員らに訓示する坂口正芳警察庁長官=4日午後、大阪府警察本部(奥清博撮影)

 警察庁の坂口正芳長官は4日、平成27年8月に分裂した指定暴力団山口組と神戸山口組の傘下組織が府内に多数存在することを受け、大阪府警本部で、暴力団対策を担当する捜査4課の捜査員ら約200人に「総力を挙げて暴力団の弱体化、壊滅を図っていただきたい」と訓示した。

 坂口長官は神戸山口組から離脱した新組織「任侠(にんきょう)山口組」の関係者が神戸市長田区で射殺された事件に触れ、「情報収集を徹底し、抗争事件の未然防止を」と指示。伝統的な資金源である飲食店などへのみかじめ料要求について「ミナミやキタといった全国有数の繁華街を抱える中、資金獲得活動の実態解明を進め、検挙してほしい」と述べた。

 坂口長官はその後、管内に多くの暴力団事務所がある南署も視察した。5日には兵庫県警と京都府警も訪問する予定。

「産経WEST」のランキング