産経WEST

【浪速風】忘年会は“業務”? 新入社員諸君!たまには上司と酒を(12月5日)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【浪速風】
忘年会は“業務”? 新入社員諸君!たまには上司と酒を(12月5日)

忘年会や新年会など飲酒の機会が多い時期。お酒は楽しく 忘年会や新年会など飲酒の機会が多い時期。お酒は楽しく

 新入社員は上司と酒を飲まない。シチズン時計が1年目の社会人男女400人を対象にした調査結果に、サラリーマン社会の様変わりを感じた。1カ月当たりの上司との飲み会が、41・5%が「ない」、36・5%が「1回」とは。上司が誘わないのか、部下が断るのか。おそらく後者だろう。

 ▼忘年会シーズンだが、幹事が参加を呼びかけても「目的は何でしょう?」「業務でしょうか?」と聞かれるらしい。宴会で隠し芸を披露したり、盛り上がって2次会、3次会は遠い昔である。サントリーの宣伝部員だった作家の山口瞳さんが「新入社員諸君!」と呼びかけたシリーズ広告がある。

 ▼「酒は愉快に飲めと言いたい。愉快に飲むためには、他人に迷惑をかけてはいけない。それでも一度や二度は失敗する。失敗したらどうするか。クヨクヨせずに、朗らかに、キッパリと、あやまって廻りたまえ」。そんなことを教えてくれるのだから、たまには上司と飲むのもいい。

「産経WEST」のランキング