産経WEST

【鬼筆のスポ魂】「ワシは金本が欲しい」闘将の決断に立ち会ったあの日 「祝」星野さんの野球殿堂入り

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
「ワシは金本が欲しい」闘将の決断に立ち会ったあの日 「祝」星野さんの野球殿堂入り

自らの殿堂入りを祝うパーティーで阪神の金本監督(左)と話す星野仙一さん=1日、大阪市北区のホテル(山田喜貴撮影) 自らの殿堂入りを祝うパーティーで阪神の金本監督(左)と話す星野仙一さん=1日、大阪市北区のホテル(山田喜貴撮影)

 約2千人が祝福した。楽天・星野仙一副会長(70)の野球殿堂入りを祝うパーティーが東京と大阪で行われた。1日に大阪市内で行われたパーティーではソフトバンク・王貞治球団会長(77)も祝福に駆けつけた。「星野さんは大変闘志が出るタイプ。私もいろんな投手と対戦したが、ほとんどの人は記憶にない。しかし、3本の指に入る強烈な印象がある」と語った。

 星野さんは中日のエースとして通算14年で146勝121敗34セーブを記録。その後は中日、阪神、楽天で監督を通算17シーズン務めた。リーグ優勝4回、楽天では2013年、日本シリーズで宿敵巨人を破り、日本一に輝いた。闘志をむき出しにした采配でチームを率いていく姿は目に焼き付いている。そして、なんと言っても阪神監督としてダメ虎を再生した手腕は強烈な思い出だ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング