産経WEST

結婚式もインスタ映え重視? 思い出の場所でアウトドア婚、“イケ婿”積極仕掛けで人気 「新婦が主役」今や昔…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


結婚式もインスタ映え重視? 思い出の場所でアウトドア婚、“イケ婿”積極仕掛けで人気 「新婦が主役」今や昔…

手作りした屋外の結婚式場で参列者らと乾杯する新郎の山口晶さん(右)ら=11月、神戸市中央区のみなとのもり公園 手作りした屋外の結婚式場で参列者らと乾杯する新郎の山口晶さん(右)ら=11月、神戸市中央区のみなとのもり公園

 公園や学校など屋外の思い出の場所で結婚式を挙げる「アウトドア婚」が人気だ。「新婦が主役」のイメージが強い結婚式に積極的に関わる新郎が増えたほか、屋外で行うプレミアム感が、写真共有サービス「インスタグラム」で写真の見栄えを追求する「インスタ映え」することも背景にあるようだ。自治体やブライダル業界は新たなニーズをつかもうと、サービス拡充に乗り出している。(小松大騎)

定番のホテルは人気に陰り 思い出の公園を手作りで式場に

 散歩や団欒(だんらん)を楽しむ人でにぎわう神戸市中央区のみなとのもり公園に11月、即席の結婚式場が出現した。

 竹でしつらえた高砂席など手作り感満載の「人前式」には参列者のほか、たまたま公園を訪れていた人ら計約200人が新郎新婦に温かい拍手を送った。多くの人がスマートフォンなどで撮影。インスタグラムなどの会員制交流サイト(SNS)に投稿する姿も目立った。

 式を挙げたのは同市灘区の自営業、山口晶さん(29)と妻のみどりさん(32)。公園はデートで訪れた思い出の場所といい、晶さんが「大勢の仲間と自由に挙式したい」と発案。1年前に公園を管理する市と相談し、挙式にこぎ着けた。式場は夫婦と参列者が3時間かけて作り上げたという。

 もともと神戸のホテルなどは結婚式場の定番だったが、近年は京都などに押され人気に陰りが。そこで、市は条例で利用を規制している公共施設の個人使用についても社会実験として許可した。晶さんは「屋外で式を挙げたいと考える夫婦は多いはず。良い前例になればうれしい」と笑う。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング