産経WEST

【将棋】羽生棋聖、初の永世7冠か 将棋竜王戦2日目、偉業に挑む

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
羽生棋聖、初の永世7冠か 将棋竜王戦2日目、偉業に挑む

再開した第30期竜王戦第5局に臨む羽生善治棋聖(左)と渡辺明竜王=5日午前、鹿児島県指宿市 再開した第30期竜王戦第5局に臨む羽生善治棋聖(左)と渡辺明竜王=5日午前、鹿児島県指宿市

 将棋界で史上初の「永世7冠」にあと1勝と迫った羽生善治棋聖(47)が、渡辺明竜王(33)に挑戦している第30期竜王戦7番勝負第5局の2日目は5日、鹿児島県指宿市で始まった。

 対局室には約50人の報道陣が詰め掛け、注目の高さをうかがわせた。再開後、先手番の羽生棋聖はいつも通り、淡々と指し手を進めていった。

 羽生棋聖は永世称号制度のある7タイトルのうち、竜王以外の六つ(名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)を獲得。竜王を奪取すれば通算7期目となり、「永世竜王」の資格を得て、前人未到の偉業を達成する。

 永世称号は各タイトル戦によって異なるが、規定のタイトル数を獲得した棋士に与えられる。

 対局は持ち時間各8時間の2日制で、5日夜には終局する予定。

このニュースの写真

  • 羽生棋聖、初の永世7冠か 将棋竜王戦2日目、偉業に挑む

「産経WEST」のランキング