産経WEST

【軍事ワールド】ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう

密集隊形からブレイクするブルーインパルスのT-4。5月5日の岩国フレンドシップデーでのひとこま(岡田敏彦撮影) 密集隊形からブレイクするブルーインパルスのT-4。5月5日の岩国フレンドシップデーでのひとこま(岡田敏彦撮影)

 曇と雨

 重い望遠レンズを振り回していい加減腕が痛くなったところで、1回目の戦闘機や輸送機のフライトが終了。しかしこのあたりから曇り出しました。しかも雲が低い。「ブルー」は午前11時25分スタートの予定ですが、晴天用の“フルメニュー”ともいえる「第1区分」などできそうにありません。

 筆者は「曇り空で絵にする(いい写真を撮る)のは難しいんですよね」などと思いつつ撤収準備を開始。「ブルー」の白いスモークは青空に映えますが、雲がバックでは今ひとつ引き立ちません。というわけでカメラをしまって肉眼で楽しもうと芝生に座り込んだ矢先に、「ブルー」が単機でスモークを引きながら超低空でフライパス。周囲の子供連れの家族も歓声をあげて手を振るなど、曇っていても盛り上がりました。

 そしてショーは続く

 「ブルー」の演技がお目当てなら、前列を狙うよりも会場中央近くにいる方が得策のようです。ブルーは演技にあたって、主に会場中央に「正面」を設定し、その位置の観客から見て最も見栄えのする演技を行うからです。機動飛行などの撮影も、マニアは下調べのうえ会場外のポイントから超望遠レンズを使って撮影する場合も多く、基地祭にかかわらず平日も離着陸を待ち構えるマニアも少なくありません。筆者も岩国基地で「待ち」をしましたが、お目当ての機体が飛ぶかどうかは運まかせですから、やはり(天候問題を除けば)確実に飛んでくれる基地祭は一般の人々にとっては有りがたいものです。

 むしろ基地祭で最大の問題は、水分補給とトイレという“矛盾”です。

続きを読む

このニュースの写真

  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう

関連ニュース

「産経WEST」のランキング