産経WEST

【軍事ワールド】ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう

密集隊形からブレイクするブルーインパルスのT-4。5月5日の岩国フレンドシップデーでのひとこま(岡田敏彦撮影) 密集隊形からブレイクするブルーインパルスのT-4。5月5日の岩国フレンドシップデーでのひとこま(岡田敏彦撮影)

 北朝鮮の核・ミサイル開発や米軍の空母派遣など、朝鮮半島情勢の緊迫化により、日本を守る自衛隊にも注目が集まっています。その活動の一端を国民に公開する航空祭は、アクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の華麗な演技などで10万人超が集まる人気イベントともなっています。今回は航空祭の魅力と、より楽しむための注意点などを、11月19日に行われた岐阜基地航空祭ルポも含めご紹介しましょう。(岡田敏彦)

 人気一番は「ブルーインパルス」

 今年の岐阜基地航空祭は4年ぶりにブルーインパルス(以下「ブルー」)が参加し、来場者は13万人。昨年は約6万人ですから、「ブルー」の人気の高さがわかります。真っ青な空に白いスモークをひいて一糸乱れぬ編隊飛行を見せる姿は、飛行機に興味のない人たちも魅了してきました。

 昭和39(1964)年の東京五輪で、大空に五つの輪を描いたのは有名ですが、現在も「描きもの」に秀でたチームとして世界でも認知されており、スモークで大きなハートを描き、矢で射貫く「キューピッド」や、星を描く「スター&クロス」は注目の的です。こうした航空祭のメーンイベントたる「ブルー」を多くの人に楽しんでもらえるよう、演技の時間帯も午後一番あたりに設定されることが多いようです。

 その演技を見るにあたっては、いくつかの下準備をしておけば、より楽しむことができます。

 航空祭にルールあり

 「ブルー」の演技のプログラムは当日の天候などによって第一区分~第四区分に分かれており、雲の高さが1万フィート(約3千メートル)以上なら第一区分、といった具合です。雲が低いと、高度を要する演技は観客席から見えなくなってしまうため変更が必要になるなどの理由です。

50超す演技項目、記念塗装機の腹に「飛行場百周年」の文字…目指せ1列目!

このニュースの写真

  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう
  • ブルーインパルスの華麗な演技、F-15の急上昇…10万人超は当たり前 人気集める「航空祭」へ行ってみよう

関連ニュース

「産経WEST」のランキング