産経WEST

【ビジネスの裏側】モーターショーで部品メーカー人気 体験ブースで一般消費者へ存在アピール

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
モーターショーで部品メーカー人気 体験ブースで一般消費者へ存在アピール

日本精工ブースのベアリング組み立て体験。行列が途切れないほど盛況だった 日本精工ブースのベアリング組み立て体験。行列が途切れないほど盛況だった

 ばねの開発・製造を手がける日本発条(ニッパツ)は、環境対応のために軽量化製品、将来の自動運転を見据えた快適性をテーマに製品を展示した。

 例えば、ばねとなる棒状の鉄の中心部が空洞になっている中空コイルバネのほか、炭素繊維と樹脂の複合材料、炭素繊維強化プラスチック(CRFP)で作ったバネを展示。手で過重をかけたり、持ち上げて重さを比べられたりできるようにした。ニッパツは「初日のプレスデー以外は、ほとんどが一般のお客さんになる。知られていない社名や、その事業をぜひ知ってもらいたい」と意気込む。

 理系人材獲得にも

 会社を知ってもらうことで、企業自身の活性化につなげる狙いもある。実際、自動車部品メーカーは、日系の完成車メーカーが海外展開を加速するのと合わせ事業規模を拡大している。一方で、開発競争や台頭する海外メーカーとの競争も激しくなっている。会社の認知度を上げることで結果的に社員のモチベーションも上がれば会社が活気づく。このほか、上場企業であれば新規投資家を増やすなどの効果も期待できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • モーターショーで部品メーカー人気 体験ブースで一般消費者へ存在アピール

「産経WEST」のランキング