産経WEST

【近畿】大阪NIEセミナー 読者の「声」どう編集

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【近畿】
大阪NIEセミナー 読者の「声」どう編集

第62回大阪NIEセミナーの様子=大阪市北区 第62回大阪NIEセミナーの様子=大阪市北区

 新聞を学校の授業などに活用するNIE(ニュースぺーパー・イン・エデュケーション)の実践報告などを行う、「第62回大阪NIEセミナー」(主催・大阪NIE推進協議会と全国紙5社)が2日、朝日新聞大阪本社(大阪市北区中之島)で開催され、教育関係者らが講演や報告に耳を傾けた。

 最初に同社で「声」欄を担当する、塩谷祐一編集長が「声のチカラ、新聞のチカラ-NIEに有効活用を-」と題して講演。声欄の歴史や編集方針、選ばれやすい文章のコツなどを、ユーモアを交えて語った。

 その後、堺市立新浅香山小学校の倍(かさ)菜穂美教諭が「情報の宝庫-新聞を活用して-」として、主に国語力をつけるためのスクラップやスピーチなどの取り組みを紹介=写真。また関西創価高校(大阪府交野市)の藤原啓紀教諭が、「従来の教育活動とNIEの融合」として、実社会とのつながりを求めながら、学校行事や教育方針の中で取り組んだ、NIEノートなどの実践と成果を報告した。

「産経WEST」のランキング