産経WEST

中核市で初、ツタヤ運営CCCが指定管理者候補者に 新和歌山市民図書館

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中核市で初、ツタヤ運営CCCが指定管理者候補者に 新和歌山市民図書館

カルチュア・コンビニエンス・クラブが提案する新和歌山市民図書館のイメージ(同社提供) カルチュア・コンビニエンス・クラブが提案する新和歌山市民図書館のイメージ(同社提供)

 南海電鉄が主体となって建て替える南海和歌山市駅ビルに平成31年度に移転予定の新和歌山市民図書館で管理、運営を請け負う指定管理者について、市は30日、CD・DVDレンタルや書籍販売のTSUTAYA(ツタヤ)を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、東京都渋谷区)を候補者に選んだと発表した。CCCは地方都市で図書館を運営しているが、中核市では初めて。子供が安心して使えるなど利用者のニーズを配慮した空間を同社は提示しており、市は「市駅前の再開発に伴う活性化につながる」として、開会中の市議会12月定例会で提案する方針。

 市は年間約30万人と低迷する来館者の大幅増などを目指し、指定管理者制度の導入を決定。CCCと、全国約500の公共図書館を運営する図書館流通センター(TRC)が応募し、今月24日に公開プレゼンテーションが行われていた。

 CCCの提案では、1階にカフェを設け、書籍や地域産品の販売も実施。3階の学習室は会話ができるスペースと、読書などに集中する人向けの場所とに分け、4階は子供用に「絵本の山」やプレイルームをつくって気兼ねなく使えるようにするとした。目標来館者数は100万人に設定した。

 選定委員会は、こうした利用者のニーズに応じた空間イメージや自主事業の規模について高く評価。現在の来館者層は保育園児以上やその親世代が多く、市は来館が少ない中高生~20代に来てもらえるように就職や進学などの蔵書も取りそろえていきたいという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング