産経WEST

【竹島を考える】釜山に続き独島にも「慰安婦像」を…止まらぬ韓国側の暴挙 日本の対抗措置は有効なのか 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
釜山に続き独島にも「慰安婦像」を…止まらぬ韓国側の暴挙 日本の対抗措置は有効なのか 下條正男・拓殖大教授

昨年12月、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像。竹島にも像の設置を求める声が出るなど、韓国側の暴挙は止まるところを知らない(ロイター) 昨年12月、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像。竹島にも像の設置を求める声が出るなど、韓国側の暴挙は止まるところを知らない(ロイター)

 韓国北西部・京畿道(キョンギド)議会の団体「独島愛・国土愛の会」が先月、慰安婦像を竹島に設置するための募金運動を行ったが(その後、運動の主体を民間に移すとして活動を中断する考えを表明)、これは昨年12月、韓国の市民団体が釜山の日本領事館前に慰安婦像を設置したことをめぐり、日本政府が抗議のために駐韓日本大使と釜山総領事を一時帰国させたことへの対抗措置だという。

竹島に慰安婦像を建てて何がしたいのか

 京畿道議会の憤慨はそれだけでは収まらなかった。2月22日の「竹島の日」を前に、7日からソウルの日本大使館前でデモを始めた。

 だが竹島は、歴史的に韓国領であった事実はなく、竹島を不法に占拠しているのは韓国である。その竹島に慰安婦像を建てて、何がしたいのだろうか。自ら捏造(ねつぞう)した歴史に翻弄(ほんろう)された彼等にとって、究極の目的は日本批判なのであろう。

 慰安婦の呼称も、戦前は「娼妓(しょうぎ)」や「酌婦(しゃくふ)」と称するのが一般的だった。「慰安婦」は、1950年の朝鮮動乱以後、韓国に駐留した国連軍の近くで春を鬻(ひさ)いでいた女性たちの呼称で、「日本軍慰安婦」は、韓国側の新造語である。その慰安婦像も、今は平和の少女像となった。

妓生は朝鮮版「慰安婦」

 さらに朝鮮時代には、朝鮮王朝が北方に領土を拡張するとともに、武官たちの身辺の世話をする「妓生(キーセン)」がいた。妓生は、「軍士の妻無き者に侍す」目的で設置された朝鮮版「慰安婦」である。

歴史から排除された「貧困ゆえの身売り」

続きを読む

「産経WEST」のランキング