産経WEST

教員不倫で京都市に賠償命令 支援学校の元生徒が訴え

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


教員不倫で京都市に賠償命令 支援学校の元生徒が訴え

 京都市立の総合支援学校で教員だった男性(60)と不倫関係になり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負ったとして、元生徒の女性(23)が市に慰謝料など450万円を求めた訴訟の判決で、京都地裁は30日、市に150万円の支払いを命じた。

 三木昌之裁判長は判決理由で交際のきっかけとして「男性が指導の一環として行った悩み相談だった」と指摘。男性は教師の地位を利用して関係を続けたとして、市の責任を認めた。

 判決によると、男性は平成24年8月から、当時高等部3年だった女性と性的関係を続け、女性の卒業後に不倫関係が終了。女性は「信頼していた教師に遊ばれた」とショックを受けて心身の不調を訴えるようになり、PTSDと診断された。

「産経WEST」のランキング