産経WEST

【衝撃事件の核心】「元カノ」遺体ベランダに放置し女性と暮らす?逮捕の男、「下水の臭い、窓開けるな」とクギ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「元カノ」遺体ベランダに放置し女性と暮らす?逮捕の男、「下水の臭い、窓開けるな」とクギ

河本智旭容疑者(フェイスブックから) 河本智旭容疑者(フェイスブックから)

 河本容疑者の元妻は26年夏ごろから今年3月まで、この部屋で同居生活を送っていた。その後、阿倍野区内の別の住居に移ったが、河本容疑者も後を追うように元妻の家を生活拠点にするようになった。2人が離婚したのは28年のこと。その後も同居を継続しており、このあたりの2人の距離感はよく分からない。

 元妻は事件発覚後、河本容疑者にミニバイクを提供し、逃走を手助けしたとする犯人隠避容疑で逮捕されている。容疑を否認し、河本容疑者について「殺人事件の犯人とは知らなかった」と供述。ベランダの遺体と死亡の経緯を認識していたかどうかが今後の捜査のカギになる。

 捜査関係者によると、河本容疑者は元妻以外にも、複数の女性とこの部屋で生活していたという。

 ある女性(31)は4年ほど前に、2週間ほど現場の部屋に滞在したことがある。そのとき河本容疑者から「下水の臭いがするから、窓を開けるな」と言われたことを覚えている。

 もう一つ強く印象に残っているのは、河本容疑者が比楽さんとみられる「元カノ」の存在に、しきりに言及していたことだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「元カノ」遺体ベランダに放置し女性と暮らす?逮捕の男、「下水の臭い、窓開けるな」とクギ

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング