産経WEST

【衝撃事件の核心】「元カノ」遺体ベランダに放置し女性と暮らす?逮捕の男、「下水の臭い、窓開けるな」とクギ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「元カノ」遺体ベランダに放置し女性と暮らす?逮捕の男、「下水の臭い、窓開けるな」とクギ

河本智旭容疑者(フェイスブックから) 河本智旭容疑者(フェイスブックから)

 一体どれくらいの年月、都市の片隅で野ざらしにされてきたのだろうか。大阪市阿倍野区にあるマンションのベランダで10月、白骨化した遺体が放置されているのが見つかった。女性用下着のみを身につけ、毛布にくるまれていた。大阪府警は遺体の身元を、7年前から行方不明になっていた女性と特定。当時の交際相手で、この部屋を賃貸契約していた無職男を殺人容疑で逮捕した。男は「心中しようと思った」と容疑を認めているが、特異なのは「元カノ」の遺体が見つかるまでの間、この部屋で複数の女性と同居生活を送っていたという事実。ベランダに近づこうとすると、男はこう言って制止していたという。「下水の臭いがするから、窓を開けるな」

家賃滞納の部屋で見たものは

 現場は大阪市営地下鉄御堂筋線の昭和町駅から徒歩1分の7階建てマンション。その部屋の間取りは1Kで、月4万2千円の家賃が数年間にわたり滞納されていた。

 これまで滞納が許されてきた理由は不明だが、家賃の保証会社が代わり、10月から督促に乗り出すことになった。しかし入居者と連絡が取れなかったことから、同26日に社員2人が明け渡し作業のために部屋に入り、ベランダの遺体に気がついた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「元カノ」遺体ベランダに放置し女性と暮らす?逮捕の男、「下水の臭い、窓開けるな」とクギ

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング