産経WEST

【衝撃事件の核心】「私には6つの人格がある」多重人格“和製ビリー・ミリガン”の法廷告白 交際女性を殺害したのは誰だ?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「私には6つの人格がある」多重人格“和製ビリー・ミリガン”の法廷告白 交際女性を殺害したのは誰だ?

 「彼」の説明では、「恭」と被害女性は、ある音楽グループのファン。そのグループの曲の歌詞に感化され、「別れるときは互いを殺し合う」という約束をしていた。だから、女性から別れ話を切り出された「恭」はこの約束に基づいて女性を殺害した。女性は襲われながら「恭」に向かって「大好き」「あなたは生きて幸せになって」と話したという。

▼【関連ニュース】ベランダ放置「元カノ」遺体と暮らす…逮捕の男「下水の臭い。窓を開けるな」

異なる人格の取り調べ映像

 法廷では、3回分の取り調べの録音録画の映像が、裁判員らの前で流された。

 弁護側によると、それぞれ異なる人格が現れているといい、最初に流れた映像では、消え入りそうな声で事件について「やっと(女性は)生きることの呪縛から解放された」と供述。このときは「恭」の人格らしい。

 次の映像では丁寧で物腰の柔らかい口調で「事件のことは自分自身すごく知りたいのに覚えていない」と述べた。「恭」や「彼」でもなく、全く別の人格のようだ。

 最後の取り調べ映像に出てきたのは「にゃーにゃさん」だった。事件のことは知らないとし、捜査員から「●●さん(被害者)って知っているやろ。その人を殺害したという事実で逮捕されている」と言われても、「…。僕がですか? えっ本当に? さっ殺害? えっ殺したってことですか? 絶対にやっていません」と否認していた。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング