産経WEST

【日馬富士引退会見詳報】(2)親方から漏れる日馬富士への思い「珍しいタイプの力士」「酒癖悪い、乱暴するとか聞いたことがない」…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【日馬富士引退会見詳報】
(2)親方から漏れる日馬富士への思い「珍しいタイプの力士」「酒癖悪い、乱暴するとか聞いたことがない」…

会見で頭を下げる日馬富士=29日午後、福岡県太宰府市(沢野貴信撮影) 会見で頭を下げる日馬富士=29日午後、福岡県太宰府市(沢野貴信撮影)

▼詳報(1)涙ぬぐい親方が「日馬富士16歳少年のころ」…から続く

 《大相撲の平幕貴ノ岩関(27)に暴行して負傷させた横綱日馬富士関(33)総=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が29日午後、現役引退を決めて会見を開いた》

 《会見場は福岡県太宰府市の太宰府天満宮。日馬富士関は予定の午後2時直前に車で駆けつけた。そして予定より4分遅れて100人を超える報道陣の前に姿を現した。会見には伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)も同席。用意されていた席の前に2人が立つと、一斉にフラッシュがたかれた》

 《まず、経緯を説明したのは、伊勢ケ浜親方。ハンカチを取り出して目元の涙を一度ぬぐった後、マイクを握った》

 「本日、横綱日馬富士が引退届を提出しました。引退したいということは本人が早くから言っていましたが、みなさんに相撲を楽しんでもらう場所中は控えさせていただいた」

 「私は日馬富士、横綱を16歳の少年のころからみていますが、稽古での精進のみならず、いろんな勉強もし、社会貢献にも目が届くめずしいタイプのお相撲さんだと思っていました」

続きを読む

「産経WEST」のランキング