産経WEST

【横綱・日馬富士暴行】横綱白鵬の参考人聴取を開始

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行】
横綱白鵬の参考人聴取を開始

白鵬関 白鵬関

 大相撲の横綱日馬富士関(33)が平幕貴ノ岩関(27)に暴行し負傷させた問題で、鳥取県警が28日、現場のラウンジに同席していた横綱白鵬関を、福岡市内のホテルで参考人として聴取した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、鳥取県警は、17日に東京・両国国技館で日馬富士関から任意で事情を聴いたが、近く再聴取する方向で調整している。県警は聴取結果などを踏まえ、年内にも傷害容疑で書類送検する方針。

 県警の聴取で、日馬富士関は、素手やカラオケのリモコンで殴るなどしたと説明。県警は、既に同席者の横綱鶴竜関らも聴取しており、事実関係や動機などの解明を進めている。

 一方、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は28日、東京都内のスポーツ庁で鈴木大地長官と会談し、一連の騒動を謝罪した。鈴木長官は「大変残念に思っている。国民の期待を裏切った」と述べ、説明責任を果たすことを要請した。 白鵬関は九州場所千秋楽の26日、土俵下でのインタビューで「力士代表としておわび致したい」とし、事態を究明して「うみ」を出し切ることが必要との考えを示した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング