産経WEST

高齢ウォンバット老衰死 人間なら100歳、大阪・池田

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高齢ウォンバット老衰死 人間なら100歳、大阪・池田

市立五月山動物園で飼育していた雌のウォンバット「ワンダー」=大阪府池田市 市立五月山動物園で飼育していた雌のウォンバット「ワンダー」=大阪府池田市

 大阪府池田市は27日、市立五月山動物園で飼育していた雌のウォンバット「ワンダー」が28歳で死んだと発表した。死因は老衰。人間だと100歳ぐらいに相当するという。

 市によると、ワンダーは、急な冷え込みで今月23日ごろから体調を崩し、点滴などで治療を受けていたが、25日朝に飼育員が動かなくなっているのを発見した。

 平成2年5月、池田市とオーストラリア・ローンセストン市の姉妹都市提携25周年を記念して、同市から別の2頭と共に同園に贈られた。同4年には、このうちの雄との間に子どもを出産。日本で初めての飼育下での繁殖成功例となった。

 愛らしい鼻をしたきれいな顔立ちが人気で、全国からファンが見に来ていた。園は来月11日まで、飼育舎の前に献花台などを設置し、ワンダーの死をしのぶ。

「産経WEST」のランキング