産経WEST

【今週の注目記事】沈みゆく「最上」に敬礼、米軍機による撃沈は免れたが最後は味方の手で…元乗員が見たレイテ沖海戦(下)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
沈みゆく「最上」に敬礼、米軍機による撃沈は免れたが最後は味方の手で…元乗員が見たレイテ沖海戦(下)

加藤さんは水上偵察機「瑞雲」に爆弾を搭載し出撃したという 加藤さんは水上偵察機「瑞雲」に爆弾を搭載し出撃したという

 昭和19年10月、フィリピンのレイテ島周辺海域で繰り広げられたレイテ沖海戦。この史上最大規模の海戦に“囮(おとり)部隊”として参戦した重巡洋艦「最上(もがみ)」に乗艦していた元海軍零式水上偵察機(零式水偵)搭乗員、加藤昇さん(95)は奇跡的に生還した。だが、日本海軍にとって“最後の艦隊決戦”と呼ばれるほど、その戦いは過酷だった。日本海軍の戦艦や空母など主力艦はほぼ全滅。加藤さんの乗艦した最上は、米艦隊や米機の攻撃による撃沈は免れたものの“壮絶な最後”を迎える…。(戸津井康之)

最上の最後

 「そのとき敵艦隊の姿は見えませんでした。残っていたのは『時雨(しぐれ)』と『最上』…。味方の艦隊も撃沈し、ほぼ全滅していたのです…」

 駆逐艦「時雨」は、ミッドウェー海戦、マリアナ沖海戦など数々の激戦から生還してきたことから、米国の海事史研究の歴史家、サミュエル・モリソンが“不沈艦”と命名した軍艦だ。

 ようやく最上の操舵装置が復旧。護衛にきた駆逐艦「曙」とともに退避しようとしたが、米軍の空襲に遭う。遂に最上は航行不能となり、総員退去命令が出される。加藤さんは士官として艦内を見回り、残された部下を探し、声をかけて避難させると、最後に自分も海に飛び込み曙に乗り移ったという。

 航行不能となった最上には曙から魚雷が撃ち込まれた。米軍による撃沈をかろうじて逃れた最上だったが、最後は味方の手で沈められたのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 沈みゆく「最上」に敬礼、米軍機による撃沈は免れたが最後は味方の手で…元乗員が見たレイテ沖海戦(下)

「産経WEST」のランキング