産経WEST

【今週の注目記事】鉄道車両、神鋼部品に高い専門性 メーカーは不信抱くも切り替えに二の足 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
鉄道車両、神鋼部品に高い専門性 メーカーは不信抱くも切り替えに二の足 

記者会見で頭を下げる神戸製鋼の川崎博也会長兼社長=10月26日、東京都千代田区(川口良介撮影) 記者会見で頭を下げる神戸製鋼の川崎博也会長兼社長=10月26日、東京都千代田区(川口良介撮影)

 日立製作所が阪急電鉄に納めた車両では、アルミ製の車体を構成する、1枚1枚のアルミ板の接合部分の仕様が、発注と異なっていた。しかし日立製作所では溶接して組み立てる段階で、担当者は仕様とのずれに気づかなかったという。

 日立製作所が出荷前に行った非破壊検査では、溶接部分の安全性に問題はなかった。また車体の厚さが、発注よりも0・数ミリ厚くなっていたことが判明したが、強度は高められる結果となり、重量にも問題はなかった。

 JR東海子会社で国内3位の日本車両製造(名古屋市)の広報担当者も「現時点で、一律に排除することは考えていない」と話す。

鉄道会社の意向で採用

 鉄道会社側も動きは慎重だ。納入された新幹線の台車部品に不正のあったJR西日本、JR東海も「安全性には問題がない」との認識で、運行は継続している。今後1年以内に行う定期検査で随時部品を交換していく方針だが、JR西では「神戸製鋼製の部品を今後も使う、使わないという意思決定は行っていない」(広報担当者)と説明。部品を交換する段階では「神鋼部品」が維持される可能性がある。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング