産経WEST

「社会とともに生きていかないと絶対負ける」手代木功・塩野義製薬社長 関西中堅企業の会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「社会とともに生きていかないと絶対負ける」手代木功・塩野義製薬社長 関西中堅企業の会

講演する塩野義製薬の手代木功社長=21日、大阪市北区(奥清博撮影) 講演する塩野義製薬の手代木功社長=21日、大阪市北区(奥清博撮影)

 独創的な技術や商品開発を進める企業の交流団体「関西中堅企業の会」(幹事=佐藤勉・サトウ花店社長、大保政一・ダイワ社長、加盟35社)の冬期講演会が21日、大阪市内で開かれ、塩野義製薬の手代木(てしろぎ)功社長が「持続的な企業価値創造を目指した経営の実践」をテーマに講演した。

 同社は、平成29(2017)年3月期連結決算の最終利益で5期連続の過去最高を記録した。手代木氏は、来年創業140周年を迎える社の歩みなどを紹介。20年の社長就任後に買収した米子会社で思った業績が残せず、株価が暴落するなどした体験も打ち明け「社の混乱を乗り越えてくれた人が今の経営を支えている」と失敗から生まれた成果を語った。

 また「企業の持続には企業としての成功を目的とするだけでなく、社会とともに生きていかないと絶対負ける」とし、感染症対策や子供の未来を守る創薬を主眼にしていると強調した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング