産経WEST

金塊取引情報を提供か 現金3億8千万強奪関与疑いで9人目逮捕へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


金塊取引情報を提供か 現金3億8千万強奪関与疑いで9人目逮捕へ

 福岡市中央区で今年4月、貴金属店勤務の男性が金塊買い付け資金の現金約3億8千万円を奪われた事件に関与した疑いが強まったとして、福岡県警は20日、大麻取締法違反などの罪で服役中の40代の男を近く強盗致傷の疑いで逮捕する方針を固めた。金塊取引情報を他の容疑者に提供した側の一人とみられ、同容疑での逮捕者は9人目となる。

 既に逮捕された容疑者の一部は「現金強奪の計画も持ち掛けられた」という趣旨の話をしており、県警は情報提供グループの実態解明を進める。

 捜査関係者によると、男は事件当時、東京都内に住んでいた。大麻取締法違反事件で埼玉県警に逮捕され、同法違反の罪などで実刑判決を受けた。

 男は4月20日午後0時25分ごろ、他の容疑者らと共謀し、みずほ銀行福岡支店前の駐車場で被害男性に催涙スプレーを吹きかけ、現金入りのキャリーバッグを奪った疑いが持たれている。

 県警は今月6日までに、事件を計画したり実行したりしたとして強盗致傷容疑で東京や大阪などに住む男ら8人を逮捕。事件に使われたワゴン車を解体業者に引き渡したとして証拠隠滅容疑で福岡の男2人を逮捕している。

「産経WEST」のランキング