産経WEST

「萌えキャラ」一堂に会するサブカルフェスタ 19日、京都・精華町で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「萌えキャラ」一堂に会するサブカルフェスタ 19日、京都・精華町で

昨年のサブカルフェスタ(精華町提供) 昨年のサブカルフェスタ(精華町提供)

 関西の拠点を置くご当地アイドルや全国の「萌えキャラ」が一堂に会する「SEIKAサブカルフェスタ2017」が19日午前10時~午後4時、京都府精華町のけいはんなプラザで開かれる。

 地元の農産物などを販売する同日開催のせいか祭りの関連イベント。若者を呼び寄せる地域振興策の一環で平成26年から開いており、昨年はフェスタだけで約3千人が集まった。

 ご当地アイドルのステージには7組が出演予定。京都南部を中心に活動する加茂川マコトさんのほか、「京都flavor(フレーバー)」や「神戸flavor」、奈良の「LeSiana(ルシャナ)」などが歌やトークなどで会場を熱くする。

 会場の一角には、精華町の広報キャラクター「京町セイカ」をはじめ、奈良県上牧町にある鍼灸院のキャラ煌御門碧琴(きらみかどみこと)や兵庫県加古川市をPRする「かつめしちゃん」など全国の萌えキャラが集結。ミニステージやグッズ販売などで存在感をアピールする。

 このほか、一般参加のコスプレイベントや萌えキャラなどを車にプリントするなどした約15台の「痛車(いたしゃ)」も展示される。

「産経WEST」のランキング