産経WEST

【衝撃事件の核心】残酷すぎる乳児産み捨て相次ぐ クローズアップされる望まぬ妊娠と孤立出産

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
残酷すぎる乳児産み捨て相次ぐ クローズアップされる望まぬ妊娠と孤立出産

大阪市内の病院で10月、生まれて間もない新生児が置き去りにされているのが発見された。母親は逮捕されたが、望まぬ妊娠と「孤立出産」の問題は社会に暗い影を落としている 大阪市内の病院で10月、生まれて間もない新生児が置き去りにされているのが発見された。母親は逮捕されたが、望まぬ妊娠と「孤立出産」の問題は社会に暗い影を落としている

 死ぬ瞬間だけでなく、出生のシーンでも、孤独にさいなまれる人たちが増えている。望まぬ妊娠と、その結果としての「孤立出産」の問題だ。大阪市内の病院では10月、生まれて間もない新生児が置き去りにされているのが見つかった。へその緒がついたままで、院内で分娩された子供ではなかった。その日のうちに逮捕された母親は「家族にも知らせていなかった」と説明した。だれに見守られることなく出産した母親と、生後数時間で捨てられる子供-。その社会的孤立は「まさに今日的課題だ」と専門家は警鐘を鳴らす。

「育てることできない」

 「赤ちゃんが放置されています」

 大阪市東淀川区の病院から大阪府警東淀川署に通報が入ったのは、10月15日の早朝のことだった。

 病院の多目的スペースで発見された男児の腹部にはへその緒がついていた。身長49・5センチ、体重2725グラムだった。

 この日午前5時10分、男児を抱えた女(27)が「おむつを替えさせてほしい」と病院を訪れ、12分後に1人で立ち去っていた。

 男児をくるんでいたタオルケットには、女の親族の名前が書かれていた。女は同日、保護責任者遺棄容疑で逮捕された。

 「家族にも出産したことを話しておらず、育てることができないと思った」。女はこう供述した。産んだのはこの日午前1時半。それから4時間足らずで病院に放置した計算になる。

 男児の父親については多くを語らなかった。女は住居不定で無職。離婚歴があり、男児以外にも子供がいるが、施設に預けているという。

 捜査関係者は「完全なネグレクト。病院なら育ててもらえると思ったのではないか」とみる。男児の命に別条はなかったが、出生時に医療を受けていなかったため、この病院で一時保護された。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング