産経WEST

奈良の富雄丸山古墳 直径110メートル、国内最大の円墳と判明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良の富雄丸山古墳 直径110メートル、国内最大の円墳と判明

奈良市の富雄丸山古墳。上空南西から撮影(同市提供) 奈良市の富雄丸山古墳。上空南西から撮影(同市提供)

 奈良市にある4世紀後半の円墳・富雄丸山古墳の直径が、従来の説より20メートル以上大きい110メートル前後に及んでいたことが測量調査で分かり、同市教委が15日、発表した。円墳としては、直径105メートルの丸墓山古墳(埼玉県行田市、6世紀前半)が国内最大とされてきたが、これを上回ることが確実となった。

 富雄丸山古墳は昭和47年の発掘調査で、2段築成の円墳で直径86メートルと報告されている。だが、市教委が今年5~8月、上空からレーザーによる三次元調査を実施したところ、直径110メートル前後の3段築成だったことが判明。円墳の北東部には、被葬者を祭る儀式に利用されたステージ状の「造り出し」も確認された。

 富雄丸山古墳では、明治時代に出土した斧(おの)や小刀、ノミ、カンナを模した石製品などの副葬品が、国の重要文化財(京都国立博物館蔵)に指定されている。

 市埋蔵文化調査センターの鐘方(かねかた)正樹所長補佐は「4世紀後半は古墳時代における政治的変革期に当たり、被葬者は一時的に力を持った新興勢力の豪族と考えられる」と話した。

 市は来年度以降に発掘調査し、墳丘の構造や規模の解明に乗り出す方針。

このニュースの写真

  • 奈良の富雄丸山古墳 直径110メートル、国内最大の円墳と判明

「産経WEST」のランキング