産経WEST

岩国基地、「F35B」計16機配備完了 新たに3機到着 山口

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


岩国基地、「F35B」計16機配備完了 新たに3機到着 山口

 米海兵隊のF35B最新鋭ステルス戦闘機3機が15日、米軍岩国基地(山口県岩国市)に新たに到着し、計16機の配備が完了した。1月に10機、今月9日に3機が飛来していた。

 防衛省中国四国防衛局によると、3機は15日午後3時ごろ到着。米側は当初、8月に完了予定としていたが、遅れていた。理由は明らかにしていない。

 配備計画は米国のアジア重視戦略「リバランス」の一環。F35は垂直離着陸が可能で、レーダーに探知されにくいステルス性能や高性能レーダーを備えており、現行のFA18戦闘攻撃機、AV8ハリアー垂直離着陸機と交代した。

 岩国基地では、来年5月までに米軍厚木基地(神奈川県)の空母艦載機計61機を移駐する計画も進行中。完了後は所属機が約120機となり、嘉手納基地(沖縄県)と並ぶ極東最大級の航空基地になる。

「産経WEST」のランキング